31日まである月

仕事で「締切は月末まで!」と言われたときや、旅行の予定を組むときなど、「今月は31日まであったっけ?」と迷うときはありませんか?
カレンダーを見たり、スマホ・タブレット・パソコンを使えば分かりますが、覚えていた方が無駄な時間を使わずに済みますよね。


また、専門的なところでいうと、簿記の試験のときにも31日まである月を覚えていると役に立ちます。
というより、31日まである月なのか、ない月なのかを覚えていないと、思わぬところで失点してしまう可能性があります。
簿記の試験のとき、貸付金や借入金など利息の発生する取引で、「日割り計算」が必要になる際、その月が31日まであるのかを知らないと金額を求められなくなってしまいます。
日常生活ではカレンダーを見たり、スマホを開けばいい話ですが、簿記 試験中に携帯をいじったりするわけにはいきませんからね。


31日まである月の覚え方

<語呂合わせ>

語呂合わせでは31日まで“ない”月を覚えます。

「ニシムクサムライ=西向く侍」

にしむくさむらいを数字に当てはめると「2、4、6、9、11」になります。
11がなぜ侍なのかというと侍を意味する「士」という文字(士農工商などで使われていますね)
士という文字を分解すると「十」と「一」になります。
十一=11になるんですね。

ニシムクサムライの2月、4月、6月、9月、11月は31日まで無い月になります。

逆に1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月は、31日まである月ということです。

 

「西向く侍」は昔から有名な31日まである月の語呂合わせの覚え方ですが、最近では新しい語呂合わせも話題になったみたいです。

それが
「フジロックいい!」
フ=2、ジ=4、ロッ=6、ク=9、いい=11

31日までない月の覚え方としては一緒ですが、今っぽい語呂合わせですね。


<手を使った覚え方>

手を使った31日まである月の覚え方も有名です。

手を握ってできた拳(こぶし)を使って覚える方法です。
握りこぶしを作って骨が出っ張っている部分をスタートの「1月」にします。
その横の凹んだ部分が「2月」、さらに横の出っ張った部分が「3月」・・・としていきます。
端の骨が出ている部分が「7月」、次の「8月」も同じ部分でカウントするのがポイントです。
「8月」で折り返して、横の凹みが「9月」・・・となって最後に出っ張っている部分に「12月」が来ます。

骨で出っ張ている部分=31日まである月=1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月
凹んでいる部分=31までない月=2月、4月、6月、9月、11月 となります。

ビジュアル的に覚えるのが得意な方は、手を使った覚え方が良いかもしれません。


普段はあまり意識しませんが、一般教養として、ふと「31日まである月は何月だっけ?」となった時に覚えておくと便利ですね(・∀・)b

あなたへのおすすめ商品

 

 



 

 

1位
札幌グランドホテル監修!おせち特集
札幌グランドホテル監修!おせち特集
2位
【博多久松】九州・博多の美味いものを取り揃えています!
【博多久松】九州・博多の美味いものを取り揃えています!
3位
累計販売台数93万セットの実績!!
累計販売台数93万セットの実績!!
4位
ここでしか買えない全国の料亭おせち
ここでしか買えない全国の料亭おせち
5位
TVで話題の虎ノ門市場おせち
TVで話題の虎ノ門市場おせち

 

ページトップへ